願望実現のために手帳を活用しよう

こんにちは!
占いと手帳を活用し、自分軸を整え、夢や理想を現実にする方法をお伝えしている杏佳です。
鑑定メニューはこちら ⇒ ★

最近では、手帳は予定を書くだけのもの。
という感じではなくなってきていますが、本当に予定を書くだけの手帳にしているとモッタイナイです。

そもそも最近は、アナログな紙の手帳を使っている方も少ないかもしれません。
スマホのカレンダーに予定を入れておくほうが、パッと見ることができてとっても便利。

それでも、アナログな手帳を使うメリットは、たくさんあります。

アナログな手帳のメリット

そもそも、願望実現のために手帳を使おうと思ったとき、その動機ってどこにあるのでしょう?

たとえば、
◎これからどんな風に過ごしたいのか悩んでいる時
◎今、何をすればいいのか?迷っているとき。

そんな時には、アナログな紙の手帳を使うことをオススメします。

その理由は、
1,自分の手が書くことができる
2,俯瞰してみることができる
3,手帳の日時と連動して書いたり見たり、振り返ることができる

という感じでしょうか?

自分の手で書くことができる

スマホなどのデジタルを使うのと、自分の手が書くことの違いってどこにあるのでしょう?

まず、
1,デジタル機器に比べると、手書きは時間がかかる

これ、デメリットにしか見えませんね笑

でも、これがメリットにもなるんですよね。


自分で、手書きをするということは、書いている間の時間は、そのことに集中しています。
書きながらも頭の中はフル回転。

このフル回転している時に、新しいアイデアが浮かびやすいんです。

悩んでいることがあった場合、悩みをツラツラと手帳やノートに書く。
書いている間に、
だったらこうしたほうが良いのかも?
という考えがおりてくるんです。

パソコンやスマホなどでキーボードを打っている時とは違った感覚です。

俯瞰してみることができる

これは紙の手帳ならでは。

全体像が把握できる。というのが良いのです。

スマホなどの画面が小さいものだと、全体を見渡そうとすると文字が小さくなってしまいますよね。
パッと視覚での認識がしづらいという感じです。

ですが、紙の手帳の場合は、開いているページをパッと見ることができる。
なんなら、別のページと見比べるのも、デジタルよりも楽ではないでしょうか?


そして、俯瞰して見ることができるからこそ

手帳の日時と連動して書いたり見たり、振り返ることができる

アレってどの辺に書いたかな?
など、ちょっとしたメモを手帳に書き込む習慣がついてくると、振り返ってメモを探すときにも、だいたいの日程がわかっていれば探しやすいんです。

ちょっとしたメモってデジタルのカレンダーには書き込んだりしませんよね。
アプリによっては、いろいろ書き込めるアプリもありますが・・・。

手書きのメモは、その時の状況や気持ちを思い起こさせてくれる。
という、記憶の呼び覚ましもしてくれます。

そんなアナログのメリットをもっと満喫してもらえると、願望実現への早道になると思っています(o^^o)

どんな手帳を使えばいい?

これは、お好みで良いと思っています。

が、できればマンスリーのみの手帳というよりは、
マンスリーページと週間ページの両方あるものを利用したほうが良いです。

なぜなら、マンスリーページだけでは、予定「だけ」を書いて終わりになるから。

その日に気づいたことや、感情、思いついたこと、メモ。
日常の中のありとあらゆることを、手帳にどんどん書いてほしいのです。

ふとした瞬間に感じたことを、メモしておくだけで、振り返ってみたときに、自分の感情に気づくことができます。

自分の感情に気づく

自分の感情に気づくことは、とっても大切なことなんです。

1日の中でも、感情の揺れ動きはありますよね。
そんな揺れ動きの中で、書き留めたい!と思うことを、どんどん手帳に書いていく。
それが積み重なってきたときに、手帳を見返してみてください。

どんな時に、喜びを感じるのか?
どんな時に、怒りを感じるのか?
どんな時に、悲しいと思うのか?
どんな時に、嬉しいと思うのか?

喜怒哀楽。
どんな時に、自分の喜怒哀楽が出てくるのかを知っていることで、次に同じような状況になった時に対処できるようになりますよね。

特に、嬉しいと感じるときや、喜びを感じる場面をチェックしておくと、自分の状況がしんどいなぁと思ったときに、嬉しいことや楽しいと思えることをして、テンションをあげることができます。


なので、ぜひ手帳を選ぶときには、マンスリーページと週間ページがあるものを選んでくださいね。


願望実現のために手帳を活用しよう

そして、
◎やってみたいこと
◎やりたいこと
◎夢や希望

などなどを、どんどん手帳に書いてみてください。

どうすれば実現できるのか?
手帳を見ながら作戦会議をするのも良いのでは?

いつまでに〇〇をする!

というような長期計画と、短期計画を立てて、そのために今、どんな風に動くといいかな?と考えてください。

手帳はまるごと1年使ってほしい

ちなみに、最近の手帳は10月始まりというような手帳もたくさん出ていますが、できれば、使い始めは12月か1月からをオススメします。
できれば1月からがいいかな?と思っています。

なぜなら、2023年の手帳として使うのであれば、2023年の1月~12月までを1冊の手帳で全うしてあげてほしいのです。

その1冊に、あなたの1年の軌跡が残ります。

途中で手帳を変えてしまうと、リセットになります。
※リセットが必要な時もありますが・・・。

1年間のあなたの分身である手帳を、どんどん育ててくださいね。



 

お問い合わせはこちらから

◎占い・禅タロットに興味がある。
◎禅タロットについて知りたい。
◎禅タロットを学んでいく上でのお悩みを相談できる人がいない。
◎タロット鑑定を受けたい。

という方は、お気軽にメッセージくださいね。
メールでのお申し込み、お問い合わせはこちらから ⇒ ★

LINEでもオトク情報などのお知らせを予定しています。
友だち追加

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました